現代の科学技術に携わる技術者には 深い専門性と同時に幅広い教養と高い倫理性が要求される。 すなわち、職業人として科学技術に携わるためには高度な専 門知識が必要なことはもちろんのこと、 科学技術が社会や環境に及ぼす影響を総合的に洞察し、 みずから適切に判断する高い倫理観が必要とされるのである。 機械工学科は科学技術の健全な発展に寄与するために、 高度な専門知識と幅広い教養および高い倫理観をあわせもつ 自立的な技術者を養成することを目指しており、 次の(1)(5)を学習・教育目標にしている。

·         (1)幅広い教養と社会や環境に対する責任感および倫理観の養成

·         (2)科学技術の進展に対応できる基礎学力の養成

·         (3)機械工学に関する専門知識と設計・製作・実験技術の実践的教育およびそれらを機械工学関連の諸問題の解決に応用できる能力の養成

·         (4)課題に積極的に取り組み、自主的に問題解決を図る能力の養成

·         (5)論理的思考力と記述・コミュニケーション能力の養成

学習・教育目標を達成するために機械工学科では次のようなカリキュラムを設けている。 12年次では数学、自然科学、情報技術および機械工学の基礎を学ぶ。また、社会科学や人文科学を学習して多面的に物事を考える 幅広い教養を身につける。 さらに、英語等の外国語学習により国際的コミュニケーション基礎能力を養い、 健康スポーツ科学科目により健康の意義を学ぶ。 3年次では基礎から応用に展開する能力を向上させるために 機械工学の各専門科目を学習すると同時に、 修得した知識から事象を深く洞察する能力を 向上させるために実験・実習を行う。 4年次では学生みずから研究目標を設定し、 その研究課題を解決するための卒業研究を行う。 卒業研究遂行過程において、 専門知識を活用して論理的・合理的に問題を処理する能力、 与えられた条件の下で 継続的・計画的に学習して研究成果をまとめる能力を 養うとともに、 指導教員との討論を通して論理的思考力、 総合的コミュニケーション能力の向上を図る。 また、 現代の技術者に求められる責任や倫理について学ぶ。
本カリキュラムは、 4年間で十分に機械関連分野の技術者として自立できるように配慮されており、 さらに高度な大学院教育を受けるための基礎教育としても十分な内容を有している。

機械工学科履修一覧

授業科目

担当者

毎週講義時間

単位数

備考

 

1年次

2年次

3年次

4年次

 

前期

後期

前期

後期

前期

後期

前期

後期

[総合教育科目]

18

総合教育科目A

総合教育科目B

 

[外国語科目]

10

英語1A

2

1

◎英語6単位

英語1B

2

1

英語2A

2

1

英語2B

2

1

上級英語A

2

1

上級英語B

2

1

新修外国語基礎12

4

2

新修外国語4単位

新修外国語基礎3

2

1

ドイツ語、フランス語、ロシア語

新修外国語基礎4

2

1

中国語、朝鮮語

新修外国語特修科目

 

-

-

-

-

-

-

-

のいずれか1カ国語から

[健康スポーツ科学科目]

3

実技・理論から各1科目

健康運動科学論

2

理論

体力トレーニング科学論

2

理論

スポーツ実践科学論

2

理論

健康スポーツ科学実習

1

実技

 

[基礎教育科目]

31

線形代数I

2

2

A

線形代数II

2

2

A

解析I

2

2

A

解析II

2

2

A

解析III

2

2

B

解析IV

2

2

B

応用数学A

2

2

A

応用数学B

2

2

B

応用数学C

2

2

B

基礎物理学I

4

4

C

基礎物理学II

4

4

C

基礎物理学III

2

2

C

基礎物理学IV-A

2

2

C

基礎物理学実験I

(6)

3

E

基礎物理学実験II

(6)

3

E

基礎化学実験I

(6)

3

E

基礎機能性物質学

2

2

D

基礎物質科学

2

2

D

基礎物質科学実験

(6)

3

E

基礎物理化学A

2

2

D

基礎物理化学B

2

2

D

基礎無機化学

2

2

基礎有機化学I

2

2

生物学概論A

2

2

生物学概論D

2

2

生物学実験A

(4)

2

E

地球学実験A

(4)

2

E

一般地球学B-I

2

2

一般地球学B-II

2

2

 

[専門教育科目]

金属材料学

橋本

2

2

機械材料学

佐藤

2

2

a

工業力学

脇坂

2

2

a

材料力学I

逢坂

2

2

a

材料力学II

山崎

2

2

a

力学演習

逢坂・大島・高田()

(1)

(1)

1

a

材料強度学

吉岡

2

2

熱力学I

西村

2

2

b

熱力学II

西村

2

2

伝熱工学

伊與田

2

2

b

熱エネルギー変換工学

西村

2

2

流体工学I

加藤()

2

2

b

流体工学II

脇本

2

2

b

流体力学I

加藤()

2

2

流体力学II

加藤()

2

2

制御工学I

瀧山

2

2

d

制御工学II

高田()

2

2

d

計測工学

脇坂

2

2

d

内燃機関

脇坂

2

2

機械振動学I

川合

2

2

a

機械振動学II

藤田

2

2

a

機械設計I

川合

2

2

c

機械設計II

川合

2

2

c

創成設計論

鈴木

2

2

材料プロセシング工学

川上

2

2

生産加工学I

佐藤

2

2

c

生産加工学II

佐藤

2

2

工業数学I

多羅間

2

2

工業数学II

多羅間

2

2

工業数学III

多羅間

2

2

工業数学I演習

高田()・伊與田

(2)

1

工業数学II演習

大島・岸田

(2)

1

電気工学概論

南(繁)

2

2

情報工学概論

岡本

2

2

レオロジー

岡本・徳満

2

2

ロボット工学

笠上・中谷

2

2

生産管理

山本

2

2

c

特別講義

(吉田・旭・篠田)

2

2

機械基礎力学演習I

西村・加藤()・瀧山

(2)

1

d

機械基礎力学演習II

西村・脇本

(2)

1

b

機械基礎力学演習III

川合・加藤()・伊與田

(2)

1

基礎CAE

瀧山・吉岡・脇本

(4)

2

機械工学実験

各教員

(6)

2

機械製図

伊與田

(2)

1

機械設計製作実習

各教員

(8)

(4)

5

機械工学英語

各教員

2

2

創成設計演習

各教員

(2)

1

技術者倫理

各教員

2

2

卒業研究

各教員

( )

( )

8

量子工学

ビノグラドフ

2

2

固体分析学

中村(篤)

2

2

連続体力学

元木

2

2

センサ工学

高坂

2

(知的材料提供)

プロセス工学

ビノグラドフ

2

(知的材料提供)

バイオデザイン学

横川

2

(知的材料提供)

マイクロエンジニアリング

緒方

2

(知的材料提供)

界面工学I

橋本

2

(知的材料提供)

界面工学II

逢坂

2

(知的材料提供)

固体電子論

中村(篤)

2

(知的材料提供)

弾性学

元木

2

(知的材料提供)

結晶強度学

兼子

2

(知的材料提供)

材料システム学

澤田

2

(知的材料提供)

材料評価学

山崎

2

(知的材料提供)

材料知能工学

澤田

2

(知的材料提供)

セラミック工学

横川

2

(知的材料提供)

電磁材料工学

木戸

2

(知的材料提供)

計算機科学概論

岡本

2

ハードウェア構成論

2

(情報提供)

高分子構造及び物性

圓藤

2

(応化提供)

生体材料工学

田辺

2

(バイオ提供)

生物利用工学概論

大嶋

2

(バイオ提供)

電子回路学I

高橋

2

(電気提供)

電子回路学II

高橋

2

(電気提供)

量子工学I

杉田

2

(応物提供)

量子力学II

杉田

2

(応物提供)

環境物理学I

西岡()

2

(環境提供)

環境物理学II

西岡()

2

(環境提供)

廃棄物処理工学

福山

2

(環境提供)

 

ベンチャー技術論

2

職業指導

(近藤)

2

2

4

教職科目

「履修方法]

  1. 卒業に必要な全学共通科目の単位数は、以下の条件を満たした上で62単位以上。

総合教育科目

18単位以上

外国語科目

10単位以上

健康スポーツ科学科目

3単位以上

基礎教育科目は科目群

A10単位、
B
より4単位、
C
より6単位、
D
より4単位、
E
より1科目、

の条件を満たしたうえ で31単位以上


科目群Eの基礎物理学実験Iは修得することが望ましい。

  1. 備考欄の◎印は必修科目、○印は主要科目、△印は主要選択科目、無印は選択科目を表す。
  2. 卒業に必要な専門科目の単位数は、必修科目23単位、主要科目36単位以上、主要選択科目16単位以上を含め、78単位とする。ただし、主要科目群abcdのうち最低3群についてそれぞれ8割以上の単位を修得していなければならない。
  3. 4年次に進級するためには、全学共通科目、専門科目を併せて112単位以上(全 学共通科目54単位以上、必修科目・主要科目併せて46単位以上を含む専門科目54 単位以上)を修得していなければならない。
  4. 他学科科目の履修は人数制限がつくことがある。
  5. 職業指導(教職科目・4単位)・ベンチャー技術論は卒業・進級に必要な単位数 に含まれない。